スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

鹿野忠雄(かの・ただお)

鹿野忠雄(1906年~1945年消息不明)東京生まれ

主な経歴・業績
・1906年、東京生まれ
・1917年、このころから昆虫採取を始める
・1924年、開成中学卒業。1年間昆虫採集に費やす
・1925年、台北高等学校入学。登山と昆虫三味
・1929年、台北高等学校卒業
・1930年、東京帝国大学理学部地理学科入学。生物地理学・地形学・民族学を学ぶ
・1933年、東京帝国大学理学部卒業、同大学院進学
・1934年、台湾総督府嘱託として高砂族、南方民族の研究に従事
・1936年、澁澤敬三と出合う
・1937年、澁澤の援助で台湾パイワン・ヤミ族を調査
・1941年、「次高山彙に於ける動物地理学的研究」で理学博士
・1942~43年、陸軍嘱託としてフィリピンで『比島先史学研究所』を創設後、帰国
・1944年6月、陸軍嘱託として北ボルネオに渡り民族調査。帰還せず。日本の憲兵によって撲殺されたという説がある

著書・関連書
・1941年『山と雲と蕃人と―台湾高山紀行
・1945年『台湾原住民図譜 第一巻』(瀬川孝吉との共著)
・1946年『東南亜細亜民族学先史学研究〈第1巻〉
・1952年『東南亜細亜民族学先史学研究〈第2巻〉

・山崎柄根『鹿野忠雄―台湾に魅せられたナチュラリスト』平凡社1922
スポンサーサイト

2006年04月26日 | 未分類 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://bouken.blog28.fc2.com/tb.php/21-8d2c8d53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。