スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

山野井泰史(やまのい・やすし)

山野井泰史(1965年)生まれ
公式HP:http://www.evernew.co.jp/outdoor/yasushi/yasushi1.htm

凍主な経歴・業績:
・1984年~87年、アメリカ・ヨセミテ渓谷に通う
・1987年、エルキャピタンLurking Fearラーキングフィア』ルート登攀
・1988年、カナダ・バフィン島のトール西壁を世界初単独登攀
・1990年、南米パタゴニア・フィッツロイ(3441m)を世界初冬季単独登攀
・1991年、パキスタン・ブロードピーク(8054m)登頂
・1992年、ヒマラヤ・アマダブラム(6812m)西壁冬季単独初登頂
・1993年、パキスタン・ガッシャブルム4峰(7925m)単独挑戦
     ガッシャブルム2峰(8035m) 小西浩文らと無酸素登頂
・1994年、ヒマラヤ・チョーオユー(8201m)南西壁を世界初単独登頂
・1995年、パキスタン・レディースフィンガー(5965m)南西壁初登攀
・1998年、ネパール・クスムカングル(6370m)東壁単独初登攀
・2000年、パキスタン・K2(8611m)南南東リブ単独初登攀
・2002年10月、中国・ネパール国境のギャチュンカン(7952m)北壁に夫婦で挑戦、泰史氏が登頂成功 下山途中に雪崩に遭遇し、凍傷で手足の指10本を切断
・2003年、植村直己険大賞受賞
・2005年7月、中国・ポタラ北壁完登
・アルパインスタイルを貫き『世界最強クライマー』の異名をもつ

著書・関連書:
 沢木耕太郎による山野井泰史・妙子夫妻のノンフィクション
垂直の記憶―岩と雪の7章
ソロ―単独登攀者・山野井泰史
スポンサーサイト

2016年01月01日 | 冒険家 | トラックバック:0 | コメント:0

永瀬忠志(ながせ・ただし)

永瀬忠志(1956年)島根県生まれ

アジアてくてく記―足で旅した6200キロ主な経歴・業績:
・1975年、日本徒歩縦断(3200km)
・1978年~翌年、オーストラリア大陸徒歩横断(4200km)
・1982年~翌年、アフリカ大陸徒歩横断挑戦 ナイジェリアで盗難に遭い断念(6700km)
・1989年6月~翌5月、アフリカ大陸徒歩横断 サハラ砂漠徒歩縦断(1万1100km)
・1998年7月~8月、モンゴル・ゴビ砂漠徒歩横断(870km)
・2000年8月、中国新疆ウイグル自治区・タクラマカン砂漠徒歩横断(590km)
・2001年6月~7月、アフリカ南部・カラハリ砂漠徒歩縦断(591km)
・2003年6月~翌3月、南米大陸徒歩縦断(8800km)
・2004年7月、沖縄を徒歩一周(312km)し総距離が「地球一周4万km」に到達
・2005年6月~9月、30年ぶりに日本徒歩縦断(75年時と同ルート)
・荷物を「田吾作」と名付けたリヤカーに積んで歩き「リヤカーマン」の異名をもつ

著書・関連書
アジアてくてく記―足で旅した6200キロ
リヤカーマン アフリカを行く―歩いてアフリカ大陸横断11000キロの大冒険
サハラてくてく記―リヤカーマンアフリカ大陸横断11,000キロ
田吾作、アフリカを行く―リヤカーで大陸横断6700キロ

2016年01月01日 | 未分類 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。